Amazonギフト券チャージで最大2.5%ポイントGet !

【ロードマップ】30代外資系サラリーマンが実践するリアルな資産運用を公開|複利を活かす秘密の道標


こんにちは、 トモ( @tomo_web_jp )です。

今回は、これまで生きてきた中で自分が実際に学び、経験してきた中でベストな資産運用ロードマップについて解説したいと思います。

本記事のテーマ

私が実践する資産運用のロードマップを解説

読者へのメッセージ

資産運用興味ありますか?

このページに辿り着いたあなたは、 効率的な資産運用を探していますよね。

できれば儲けたいし、リスクは避けたい。そして騙されたくない。

私も20代までそんな感じでいろいろもがいていました。

今回は、サラリーマンである私が自分の経験から実際に実践している”リアルな”資産運用ロードマップについて解説します。

これを読むことで、あなたが良いところを取り入れてより実りある資産運用ができることを願っています。

目次

はじめに

初めに書いておきますが、「これを実践したら秒速で億り人」的な方法は出てきません。

めちゃくちゃ大事なことなので、はっきりいいます。がっかりされないでくださいね。そもそもそんな話は世の中にありません。

それでも、コツコツ資産運用を研究していった結果、私にとってのベストな資産運用方法を読者のあなたにも丁寧にシェアしたいと思っています。

「秒速で億り人を目指す人の話は出てきません。コツコツ時間をかけて複利運用をしていきたいあなたに向けて、三十数年生きてきて経験してきた上で「ベストな資産運用」を紹介します。

ロードマップ概要

(XXスライドを貼る予定)

ロードマップの概要|4段階

①【転職】年収の高い職業を目指し自己投資
 ・業界の中のレアスキルを見抜き転職する
 ・学びに投資し、キャリアの方向性を示す
 ・今ならコンサルより外資ITが狙い目

②【不動産投資】大企業の信用とサラリーマン属性をフルに生かして融資を引く
 ・勝負するには初期費用が必要
 ・不動産投資の目的は”手元現金を増やすこと”
 ・不動産からの副収入も狙える

③【米国株】儲けは米国株で運用、配当金を得る
 ・米国株は成長性・競争力・株主還元が魅力
 ・年4回ひたすら再投資
 ・まずは好きな銘柄で初めてみる

④【副業】経験をブログにする
 ・転職、不動産、米国株で雪だるまができたら
 ・経験を資産に変える、資産からお金を得る
 ・発信するって楽しい

①年収の高い職業を目指し自己投資

業界の中の人材需要と供給が「バグっているところ」を見抜き転職する

まずは、資産運用の原資を作れる状態にするために高い年収を目指しましょう。

私は、1社目でベンチャーの人材会社につとめていたんですよね。IT企業向けのエンジニア紹介です。

そこで見た、いちばんの学びは「頑張りと給与は比例しない」ということでした。

年収が高い人もいれば、低い人もいますね。もちろんそれらを言い悪いいうつもりはありません。

資産運用の観点から間違えて欲しくないのは、「給与が高い→超優秀な人」とか「給与が高い=超激務」という固定観念を外してもらいたいと思います。

給与の決まり方は、基本的にその人の前年の給与と、その会社が払える額の綱引きです。

会社が払える額は、需要と供給で決まります。レアな人ほど高くなり、汎用的な量産型の人ほど安くなります。

当時人材企業で、SAPというソフトウェアの技術者・コンサルタントがレアなスキルである一方で、需要が高く年収が高いことを知りました。(これ、2022年のいまでも同じ状況は続いているのでチャレンジャーは挑戦してみても悪くありません。)

正直、当時はどんなソフトなのか見たこともありませんでしたが、ピンときた翌月から、このスキルの習得1点張りで転職活動をしていました。(新卒2年目には転職をしました。)

私は人材業界で働いた経験から、「どの企業が元気なのか」「どんな人材が求められているのか」業界を俯瞰してみることができました。どの業界にも需給バランスが崩れた職業があるはずです。エージェントを活用しよりキャリアに対する解像度を上げて見ることをお勧めします。

正直、今から転職するならアクシスコンサルタントに相談します。理由は、高年収が狙えるコンサル業界(IT領域含む)に精通しているからです。高年収が狙える会社職業の中でさらに自分の希望・ライフスタイルに即したキャリアを見つけ転職するのが近道です。

学びに投資、キャリアの方向性を示す

正直に言います。

高年収を狙って背伸びした結果、「USCPA(米国公認会計士)」を受けて撃沈したんです。

めちゃくちゃ調子に乗っていたんですかね。

結構お金のかかる資格です。お金の面だけで言ったら失敗した投資かもしれません・・。

ここだけのはなし、これくらいかかっています。

ナイショですよ。

・ 1科目6万×4科目=24万
・資格試験の学校40万
・大学の単位が20万

費やした時間や再受験を含めると100万円分くらいの勝負をした認識でいます。

ここまで書くと、調子乗って資格の学校の広告に釣られて、身分不相応な資格にチャレンジし、失敗した人の話です。

私は資格を取得する前に「USCPAを勉強中であること」を絶えずアピールしていました。(まだ取っていないのに…)

取らないと資格としての意味はありませんが、、自分のキャリアの方向性を示すためのアピールにつかったんですよね。

最終的に取得できませんでしたが、資格取得できなかったことがゼロではなく、知識や経験に繋がっているし、今のキャリアの基礎を気付くきっかけになりました。

自分のキャリアの方向性の途中に必要な資格・学びであれば是非チャレンジして行くことをお勧めします。

20代、30代での学びへの投資は本当にコスパが良いです。私のように100万円を投下しなくともUdemyであれば1講座ごとリーズナブルな価格帯で学べるからお勧めです。SAPやERPを学んでもいいと思いますし、Pythonや機械学習やAIといったData分析系のITスキルを身につけても年収を手堅く底上げできて面白いと思います。「自分に#タグをつけていく」そんな感覚でトライしていくことをおすすめします。

今ならコンサルより外資ITが狙い目

今キャリアを考える・飛び移れるチャンスがあるならば外資ITがお勧めです。

逆にいわゆる外資系コンサルタントは今は年収高めではありますが、大量採用をしていることもありスキルの差別化が難しくなるでしょう。

先の段落で話をした需要と供給ですね。

外資ITは、サブスクモデルのSaasや、Paas,、Iaasなどが絶好調の成長を見せています。

SalesforceがCRM領域(カスタマーリレーションマネージメント/顧客管理)で有名ですが、中小が狙い目です。

基本給が高く、ボーナスも日経やコンサルに比べ高いです。企業によってはRSUと呼ばれる株の付与や、ESPPといった割安で株式を積み立てる仕組みがあったりします。

当たり前に1000万。活躍している人で2000万、3000万と夢が広がる年収帯です。

会社によっては多少ハードなところもあるようですが、まずは自己投資して年収のベースを上げていく観点からすると間違いないキャリア選択の1つです。

外資ITは、リファラル採用(社員紹介)での採用が多いようですが、外資系専門のエージェントというものがあるので英語にアレルギーがなければ相談してみるのもいいかもしれません。

②不動産投資で手元現金を厚くする

不動産投資にはまとまったお金が必要

①で高収入を得られるようになった、あなた。ぜひ、紹介したいのが「不動産投資」です。

私は現在3棟のアパートを所有し、すべて満室で回しています。

始める前は大きなお金とリスクが怖かったですが、やってみると「なんでもっと早く知らなかったんだろう」と思うくらい早く始めた方が良い投資だと思います。

不動産投資を始めるには、おおよそ物件価格の8%の諸費用(税金や手数料等)に加え、今のご時世だと10%程度の頭金が求められます。

(私が投資を開始した2017年当時は、フルローンも多かったです。その場合も諸費用は必要になります。)

<目安>
1,000万の8% = 80万円
2,000万の8% = 160万円
3,000万の8% = 240万円

毎月5万円を貯金した場合

目標金額かかる月数
80万16ヶ月(1年4ヶ月)
160万円32ヶ月(2年8ヶ月)
240万円48ヶ月(4年)

貯金のハードルが高い人・時間を節約したい人は「自己資金0」を狙ってみるのもいいでしょう。

自己資金が必要かどうかは利用する金融機関によります。まだ何も持っていない人は会社員の属性を見てフルローンを手掛けてくれる金融機関がまだあると聞いています。物件にもよりますが、フルローンが使えるのであれば私は是非使っていきたい派です。

不動産投資でさらに手元現金を厚くする

不動産投資のメリットはいろいろなところにありますが、資産運用全体から見ると、「手元現金を厚くできる点」 がメリットの1つだと考えています。

この後米国株について紹介しますが、融資を使うことで将来のお金を現在の手元にもってくることができると言えます。

金利よりも高い利回りで再投資ができたら、複利運用としておもしろいとおもいませんか。

それを私は実践しています。

実際に3棟所有し(今後も拡大予定)その家賃収入・太陽光収入をすべて米国株で配当金に変えています。

もし、不動産投資に興味が出た人は、まずはこういう不動産業者のセミナー参加や資料請求して具体的な話を聞くことをお勧めします。

中立性や初心者に安心という観点から下記の不動産投資会社を紹介します。

中立な立場でコンシェルジュ(担当)が付くので初心者の人が相談しやすい仕組みだなーって思います。周りに不動産投資をやっている人がいればいいのですが、いない場合は相談してみるといいかもしれません。

不動産投資からの副収入も狙える

不動産投資に付随してこのような収入を狙うこともできます。

・太陽光収入
・駐車場収入
・電柱収入
・自販機収入 etc

私はこの中で1つのアパートに太陽光が付いているので、家賃に加え太陽光収入を得ています。

他にはさまざまな経費を、クレジットカードを通すことでクレジットカードのポイントが溜まります。

100万受け取って、100万払うような場合でもクレジットカードさえ間に通すことできればポイントや利用実績が貯まるのが、ほんと好きです。

私はマリオットボンボイアメックス・プレミアムカードをメインカードにしており、年間400万決済するとプラチナエリートというホテル会員のランクになるんですよね。

固定資産税や不動産取得税など大きな出費にもカードは使えるので、年間400万マリオットボンボイアメックス・プレミアムカードを通すことでプラチナエリートを得ることができる予定です。

プラチナエリートでは、無料宿泊や朝食無料、アップグレード、ラウンジの利用など至れり尽くせりです。

公式サイトからキャプチャ引用

年会費が高いと思う人は、上記のサイトから、Marriott Bonvoy® アメリカン・エキスプレス®・プレミアム・カードの特典をみてみてください。実際に毎年1回旅行に行く人であれば、年会費はその費用の前払いしているという感覚です。

③米国株で複利運用

米国株は高い成長性・競争力・株主還元を期待できる

米国株は、高い成長力・競争力・株主還元が魅力です。

もし、株式投資を行うのであれば日本株よりも米国株をお勧めします。

年4回の配当金が魅力

米国株の良いところの1つは株主還元。すなわち、配当金が高いです。

特に成熟した会社は、配当金が高く安定しています。

例えば、私が保有しているエクソンモービルは約5%の配当利回りがあります。この配当金が年4回に分けて振り込まれます。

こういった配当金を貯めてひたすら再投資することで、不動産→米国株→配当金再投資の流れが出来上がります。

銘柄に迷ったら「Apple株」でもいいと思います。

米国株は、日本人に馴染みのない銘柄もたくさんあります。

迷うのは、「どの銘柄を選んだら良いか」ということです。

個別株がいいとか、ETFがいいとか色々言われますが、

まずは自分のポジションを持つ意味でなんでもいいから少額持つことをお勧めします。

そうすることで、どういったニュースが株価を下げて、どういった動向が株価を上げるのか自分で理解できるようになります。

初めは、Apple好きだからApple、スタバ好きだからスタバ。そんな選び方をしても大した違いはないと思います。

そこから経験を積んで、本命の銘柄をゲットしてください。

④経験をブログに

給与、不動産所得、配当所得の雪だるまができたら

ここまで読んだあなたは、給与から不動産、不動産から米国株のイメージがつきましたか。

そこまできたあなたにもう1段階お勧めの資産運用があります。

あなたの最も価値のある資産は「経験」です。

その経験をさらに再投資する方法を紹介します。

経験を資産に変える、資産からお金を得る

それは、「ブログ」を書くことです。

できる人はYoutubeでもKindleでも構いません。

私がこのブログで書いているように、あなたのストーリー・経験をブログにして発信することです。

ブログのいいところは、半永久的に記事が溜まっていくんですよね。(消したり、サービスがなくならない限り)

そこから毎日1円でも10円でも入り続けたらワクワクしませんか。

私は、現在5桁のブロガーです。

そしてこのブログに、おすすめの広告を貼らせていただいています。

なぜ貼っているかというと、もちろんブログ収益が魅力的であることは否定しません。

ですが、僕自身の経験から、調べて、聞いて、経験したからこそ資産運用が今軌道に乗っていると感じていて再現性があると信じています。

だから、このブログを読んで、そういった一歩を踏み出すきっかけになればいいなと思って記事を書いています。

発信するって楽しい

最後に、ブログって結構楽しいんですよね。

自分の経験を資産に変える。資産から収入をいただく。

誰かの気付きになる。いいところが満載です。

もし、資産運用でうまく行っても・期待に満たない結果になってもそれを発信していけばブログ収益は後からついてくると思いますよ。

現在の実績

XXバランスシートとリンクする

こんな順番で書く予定です。

実践する上での考え方とポイント

ポイント

・仕組みを理解すること
・手元現金を増やすこと
・複利運用を意識する
・大当たりを狙わない

投資は自己責任

・このブログは私の経験をもとに書いています。同じことをしても市況により条件が違う場合があり、いつ何時でも、万人にオススメしているわけではありません。投資は自己責任でお願いします。

・私のブログから得られた知見をもとに、自分の環境下に照らし併せ自分なりの資産運用ロードマップを作っていくことをお勧めします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる